Japanese Defects(English)

アクセスカウンタ

zoom RSS Unjust Burdens and Irresponsibility(不当な負担と無責任)

<<   作成日時 : 2007/08/15 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

The Japanese socitey imposes unjust burden to the social weak, but there are many irresponsibility in Japan. Organizations often sacrifice workers when scandals occured. Authorities in organization and society are irresponsible, the organizations can sacrifice workers because the Japanese social structure is tyranny and collectivism. Although these authorities can hide truth authoritarianly wielding the words "of course" and "common sense", they ignore global right common sense that authority must be with responsibility. Japanese social structure is for conservation of authorities' and majority's intersets.

Most bosses in Japanese businesses are irresponsible. They impose their burden on workers. Also schools often impose joint to clubs on students who don't want to join clubs. The Japanese culture promotes this unrationality. Usually it can be said that if the Japanese culture insists there is responsibility actually there are only unjust burden and if the Japanese culture insists their is no responsibility actually there is irreponsibility.

There are also irresponsibility outside organizaitons. For example there are many politicians who are irresponsable, like don't take responsibility to appoint and dismiss. Electors who decide the candidate they will vote to by entertainment are also irresponsable.

Increase of provisions about common people's responsibility in the Constituteion is also an example of unjust burden. It is unjust because common people are the weak related to the governments.

This unrationality is deep in Japaese society. Then persons in Japan cannot improve this culture. What we can do is dispatch imformation to foreign countries and to expect their stepping in.


  日本では不当な負担は課せられ、無責任はまかり通ります。組織による不祥事が起こると責任転嫁であるトカゲの尻尾きりがタテ社会という構造と集団主義によって横行します。権限を持った人々は責任を取りません。日本では権威主義的に「当然」「常識」などと言ってものごとを切り捨てることはできるのに、権限には責任が伴うという国際的な正当な常識は無視しています。権力者や多数派の利権を守る社会構造となっているのです。

  日本企業では上司というものは大抵は無責任です。負担は権限のない部下に課されます。学校でも入りたくない人まで部活動への参加と言う義務を課されることがあります。日本文化がこの理不尽を認めるのです。日本文化が責任があるとすれば不当な負担で、責任がないとすれば無責任、と考えればほぼあたってしまうでしょう。

  組織以外でも無責任はまかり通ります。不祥事を起こした部下の任免責任を取らないなど無責任な政治家が例です。それのみでなく、政治家のパフォーマンス(娯楽提供)で投票先を決める有権者も無責任です。

  不当な負担の例には、憲法への国民の責任規定の増設もあります。国民は政府に対して弱者だから不当なのです。

  日本社会に根付いているので、国内からの文化の改善は無理でしょう。情報を発信しつつ、海外から介入してもらうことを期待するしかなさそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
安倍さんには軍師も参謀もいなかったの?
安倍さんの突然の総理辞任は日本国中驚きましたね、内閣改造をやり所信表明までやって いざこれからという時に「やあーめた」では「それはないよ」といいたくなります。 植木等さんではないが日本一の無責任男といわざるを得ません野党の党首が40年の政治生活で聞いたことないと言ってましたね。幕末に大阪城から家臣に黙って江戸に逃げ帰った徳川慶喜と似ていますねそれにしても安倍さんには党の幹事長などいて相談して辞めたんではなかったんですね彼には信頼の置ける腹心 大所高所から助言してくれる 参謀も... ...続きを見る
山本勘助は軍師、瀬島龍三は参謀
2007/10/14 10:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Unjust Burdens and Irresponsibility(不当な負担と無責任) Japanese Defects(English)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる